低金利でお金を借りる

お金を借りるとき、あなたはなにを重要視しますか? 私の場合はズバリ、金利の安さです。 すなわち低金利のところでお金を借りるということです。

誰でもわざわざ金利の高いところを選ぶようなことはないと思いますが、いずれにしても低金利のところでお金を借りるというのは基本中の基本ですよね。

利息制限法の改正以降、リーズナブルな金利になっているので、大手のカードローンであれば一時に比べると、かなりの低金利となっています。 へたな地方銀行よりも低金利で借りられるというのが、最近の実態です。

ここで紹介するのは、低金利でお金を借りることを基本に考え、さらに便利さについても、お勧めのところを選んでいます。 たとえば、日本全国いたるところにあるコンビニATMが利用できるというのは、利用者にとってはありがたいサービスです。

さらに、一言で低金利といっても、運用方法で低金利になるということもあるので、そのテクニックもご紹介しましょう。

それはズバリ、無利息サービスを上手に使うということです。 たとえば、実質年率が7%と8%を比べた場合には、当然ながら7%の方が低金利で、8%は高いということになります。 ところが、ローン会社のサービスのひとつに、無利息期間を設けているところがあるのです。

この無利息期間を上手に活用すれば、無利息、すなわち金利0%で借りれるということになります。 前述の8%のところが無利息期間があり、それを活用したならば7%のところよりも、安いということになります。 この無利息テクニックを上手に活用して、低金利でお金を借りることを実践していただければと思います。

当サイトでは、実際に私が利用したり、友人・知人から聞いた生の口コミ情報を元に低金利でお金をかりること、審査や商品力を総合的に判断し、自信をもってお勧めできるローン会社を紹介しました。

3位

ノーローン

ノーローンという呼び名は、TVのCMが少ない分、プロミスやモビットに比べてなじみがうすいかもしれません。 ただ、私のまわりでは、とっても人気の高いフリーローンなので紹介させていただきます。

ノーローンの最も大きなポイントは、「1週間無利息サービス」というサービスです。 これは、条件さえ揃えば、初回借入れの翌日から7日の間なら、どれだけ借り入れても無利息という、信じられないお得なサービスです。

もちろん、利息は、利用の8日目から超過日数分だけにかかる仕組みになっているので、ライバル会社に比べて7日間分の利息を、まるまる節約することができます。

現実に、金欠でどうしようというケースは、給料日前の数日間だと思いますが、ノーローンをうまく活用すれば、毎月給料日前に、無利息でお金が借りられるということになるわけです。

また、ノーローンは、新生銀行という銀行系ですから安心、という点も見逃せません。

利息 4.8%〜18.0%、融資額 1万〜500万円  詳細はこちら

1位

プロミス

proex

プロミスと聞いて知らない人はいない、というくらい知名度が高いフリーローンのプロミス。 この業界で、知名度が高いというのは、大層、重大な要点なんです。 なぜなら、評価が悪ければ、あっという間に他のローン会社に移ってしまいますね。

私も、実さいに活用していて実感していますし、私の近所でも、プロミスの評価は良いです。 特に評価が良いのが「プロミスポイントサービス」という会員サービス。

これは、多様なサービスを受けることによりポイントがたまり、たまったポイントは、たとえば、ATM利用手数料などに利用できるので、実質的に借入・返済にかかる支出を、節約することができるサービスです。

また、三井住友銀行という銀行系のフリーローンということもあり、更に安心感があります。

利息 6.3%〜17.8%、融資額 300万円まで  詳細はこちら

2位

モビット

モビットの最も大きなポイントは、やはり都市銀行最大手の、三菱東京UFJ銀行が発行しているという安心感でしょう。

また、来店不要で、公式サイトからたった10秒で仮審査をおこない、その場で融資可能かをチェックできるので、急な借入れはもちろん、カードを作っているところを、他人にみられたくないという方にも安心です。

さらに、さすが三菱東京UFJ銀行系と思わせるのが、条件に応じた返済パターンを試せる返済シミュレーションや、借入れ・返済に関するアドバイスといった、利用上の不安・疑問を解消できるサービスが充実しているということです。

利息 4.8%〜18.0%、融資額 500万円まで  詳細はこちら